スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

[一日一読] 即断力が身につく 数学おもしろセンス [三十冊目]

一日一読についてはこちら

最近読んだ本:働く理由 99の名言に学ぶシゴト論
       妖怪アパートの幽雅な日常〈2〉
       なぜ日本人は学ばなくなったのか


即断力が身につく 数学おもしろセンス ー目からウロコの数学入門ー (知りたいサイエンス)即断力が身につく 数学おもしろセンス ー目からウロコの数学入門ー (知りたいサイエンス)
(2007/07/14)
関根 章道

商品詳細を見る

内容紹介:遠くて近きもの。それは人の仲、極楽、数学。少しだけ視点を変えて今までと違うやり方をすると、測る、量る、当てる、計算、等分などが、とても楽にできる。ポイントは、ちょっとした数学の知識を使うこと。まずは、失敗を恐れずに、やってみよう。数学がドンドンおもしろくなっていく。(Amazonより引用)

数学って実際どういう風に使うの?
そう思ったことは一度はあるかと思います。
僕も割りと高等な数学を習ったけど、使い道がいまいちわからない。
活用できない知識ほどもったいないものはない。


この本は、小中くらいまでの算数・数学を日常に当てはめて使っている本です。
実際、日常で使えるかどうかは怪しいけど、算数や数学の学習に際しては役に立つかも。


7で割り切れるかどうかの見分け方。
「元の数の一の位を除いた数から一の位の2倍の数を引いて、その数が7で割り切れるかどうか。」
例)441の場合
44-1×2=42
よって割り切れる。
これは結構便利かも。でも7で割ることがあんまりないかも。


こんな感じの本です。

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

2009-12-06 : 一日一読 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

参加ランキング

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。