スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

[一日一読] クリスマス・カロル [七冊目]

一日一読についてはこちら
最近読んだ本:九月の恋と出会うまで
       秋期限定栗きんとん事件下
       秋期限定栗きんとん事件上

昨日に続き季節外れですが、今日はディケンズの名作小説です。

クリスマス・カロル (新潮文庫)クリスマス・カロル (新潮文庫)
(1952/11)
ディケンズ

商品詳細を見る


この本を読んだ感想は続きを読むから

クリスマスキャロルではなくカロルと表記してるところになんとなく時代を感じますね。
心温まるお話という前評判通りの小説でした。

ページ数は少なくてすっと読めました。
幽霊はみんな良い人?たちでした。
人間変われば変われるもんなんですね。

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

2009-11-12 : 一日一読 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

参加ランキング

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。