スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

[一日一読] 零崎双識の人間試験 [五十九冊目]

一日一読についてはこちら

最近読んだ本:そして誰もいなくなった
       鴨川ホルモー
       神様のパラドックス


零崎双識の人間試験 (講談社ノベルス)零崎双識の人間試験 (講談社ノベルス)
(2004/02/05)
西尾 維新

商品詳細を見る

内容紹介:新青春エンタの最前線!“さあ、零崎を始めよう”
「零崎一賊(ぜろざきいちぞく)」――それは“殺し名”の第3位に列せられる殺人鬼の一族。その長兄にして切り込み隊長、“二十人目の地獄”にして奇怪な大鋏“自殺志願(マインドレンデル)”の使い手、息をもつかせぬ波乱の向こう側に双識を待つものは……!? 新青春エンタの最前線がここにある!(Amazonより引用)

西尾維新先生の作品の中でこれが一番好きです。
最近、「化物語」がアニメ化された西尾先生のデビュー作である「戯言シリーズ」のスピンオフにあたる小説です。
「戯言シリーズ」を知らないと、個性の強い世界観に入り込めないと思います。


まだ法的にお酒を飲めない頃、非常に西尾先生にはまっていました。
もっと正確に言うと「戯言シリーズ」にはまってました。
ティーンエイジャー向けの小説ですね。


設定がすごく独特だけど、血の繋がらない家族の家族愛が描かれています。感動ものです。
戦闘シーンも非常に上手で、頭の中で再現できます。

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

2010-01-14 : 一日一読 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

参加ランキング

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。