スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

[一日一読] 姥ざかり [五十五冊目]

一日一読についてはこちら

最近読んだ本:本当は萌えるグリム童話
       星間商事株式会社社史編纂室
       しゃばけ


姥ざかり (新潮文庫)姥ざかり (新潮文庫)
(1984/01)
田辺 聖子

商品詳細を見る

内容紹介:娘ざかり、女ざかりを過ぎてもオンナには、輝く季節が待っている―何故シルバーシートは片隅にしかないのか、年寄りらしく生きよ、気がねをせよとは何ごとぞ、わび、さび、枯淡の境男などマッピラゴメン、若いもんに煙たがられようとも言いたい放題、やりたい放題、姥よ、今こそ遠慮なく生きよう!胸をはり、誰はばかることなく己が道を行く76歳歌子サンの姥ざかり。(Amazonより引用)

主人公であるお婆さんの毒舌が心地良いです。
たまには、こういう毒のあるのもいいですね

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

2010-01-10 : 一日一読 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

参加ランキング

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。