スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

[一日一読] 白い服の男 [四十四冊目]

一日一読についてはこちら

最近読んだ本:まことに残念ですが…
       風が強く吹いている
       ノックの音が


白い服の男 (新潮文庫)白い服の男 (新潮文庫)
(1977/08)
星 新一

商品詳細を見る

内容紹介:横領、強盗、殺人…こんなたぐいの犯罪は一般の警察にまかせておけばよい。わが特殊警察の任務はただひとつ―人間が作り出す平和の虚妄性を痛烈な皮肉をこめて描く表題作。男っぽく言葉づかいのぞんざいだった妻が一夜あけるとすっかりしとやかな女になっていた―軽妙なタッチで医学の進歩の盲点を衝いた『月曜日の異変』。ほかに、『老人と孫』『テレビシート加工』など全10編。(Amazonより引用)

最近、星新一ばかり読んでいるような気がする。
それでもまだ、彼の作品の半分も読めていない。
1001編すべてを読んでみたいと思うのは一ファンとして当たり前だろう。


それはそうと、この本は星さんの短編集のなかでも一際、風刺色が強いです。
風刺が苦手な人は、読まないほうがいいかも。

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

2009-12-23 : 一日一読 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

参加ランキング

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。