スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

[一日一読] 物語工学論 [三十七冊目]

一日一読についてはこちら

最近読んだ本:論語抄
       はじめてのロジカルシンキング
       盗賊会社


物語工学論物語工学論
(2009/08/08)
新城 カズマ

商品詳細を見る

内容紹介:小説をきちんと書き終えることができない。キャラクターや設定を物語にまとめることができない。そんなクリエイター志望者に「物語とは何なのか」「物語を作り終えるにはどう思考したらいいのか」を実例を交えて解き明かします。古今東西の物語に登場する人物を題材に「キャラクターの類型」を分析。いかなるルーツを持ち、それが変遷を経て現在の類型に集約されていったのかを物語論的視点から解説。キャラクター作成用のチャートや、参考作品リストを掲載。大ヒットライトノベル作家である賀東招二氏と著者の対談も収録。小説執筆のリアルな悩みや創作方法に迫ります。(Amazonより引用)

物語を工学的に紐解こうとする姿勢は面白いです。


なにか物語を書いてみたいけど、文才がないし、プロットは作れない。
この本は、「ストーリーはキャラクターである」という考えで、
キャラクター分類の視点から物語の考え方を示してくれています。
なんだか僕でのも物語が書けそうな気がしてくるから不思議です。

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

2009-12-13 : 一日一読 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

参加ランキング

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。